マーベル新作映画『エターナルズ』にマ・ドンソク出演…予告編公開

STAR in Korea

2021/06/09 10:57

Follow

米マベルスタジオが、今年11月に公開予定の新作ヒ『エタナルズ』の予告編をファンに向けて公開した。この映は、不死の種族「エタナルズ」が人類を脅かす党「ディヴィアンツ」に抗してう物語を描いた作品だ。この作品には韓界で活躍してきた韓系アメリカ人の俳優マドンソク(英語名:ドン)が出演した。マベルは24日(米現地時間)、Twitter上に「新しいティ予告動をごになり、今年11月に劇場で体してみて下さい」とファン達への挨拶をえたと、アメリカの映画専門メディア「バラエティ」などが報道した。約2分間にわたる予告編はヒット曲「The End of the World」にせて「エタナルズ」が千年前、巨大な宇宙船にり、初期人類のある部族の前に現れるところから始まった。「エタナルズ」は人類の展を陰でかに支えてきた外種として描された。ハリウッドスタ、サルマハエックが演じるエタナルズの指導者「エイジャック」は「我はずっとこの星を見守り、人類を導いてきた。そして彼らは進を遂げた」と話し「何世紀もの間、我は人知れず見守るだけ。ヤツらがるまでは」とけた。

超人的な力を持った無敵のヒ「ギルガメッシュ」役を演じるマドンソクは、予告編で士「テナ」役のアンジェリジョリで堂と肩を張って登場した。また、予告編の最後のシンでは白いシャツにサスペンダ姿でエタナルズの同僚たちと笑い合うマドンソクが映し出された。予告編はマベルらしいユモアがある、とアメリカの芸能誌「ピプル」がえた。また、「エタナルズ」のメンバ「スプライト」役のリアマクヒュが、映「アベンジャズ」シリズの主役「キャプテンアメリカ」と「アイアンマン」も去ったと話すと「次にアベンジャズを率いるのは?」という質問にし「イカリス」役のリチャマッデンが「僕かも」と冗談を言うシンで予告編が終了した。

「エタナルズ」は今年、アカデミ作品賞と監督賞を受賞した中出身の映監督、クロエジャオがメガホンを取り、115日に公開される予定だ。

[出典 : 芸能ニュ · スタインニュ http://www.starinnews.com/ ]

ページを報告する

コピーしました

コピーしました