ネイバー、ワットパッドの買収に日本メディアも「反応」

STAR in Korea

2021/02/02 09:45

Follow


ネイバが世界最大のウェブ小サイト、ワットパッド(Wattpad)を買したことについて、日本のメディアが心を示している。

日本経済専門メディアである日本経済新聞は20日、ネイバのワットパッド買のニュスを
「ネイバ
が全世界9,000万人の員を保有しているワットパッドを取りみ、自社のコンテンツ事業の幅をげる」と明した。

同メディアは、「ネイバは自社で事業を立ち上げる傾向がく、これまでのMAは技術を取得するためにベンチャ企業を買することが多く、買金額が1億ドルを超える案件は今回が初めてと見られる」とし、今回の買がネイバとしては異例のケスだと調した。また、「ネイバが今回の買で自社のスマホ向け漫配信サビスである「ウェブトゥン」との相乗効果が大きいと判した」ともえた。

IT門媒体であるTechCrunchJapanは、ネイバがワットパッドの事業の一部をウェブトゥンと統合すると見られるとえた。TechCrunchはネイバのウェブトゥンが何千もの漫載するプラットフォムだとし、20208月現在の月平均6,700万人以上の利用者を保有していると明した。

先立ってネイバは、前日に理事を開催し、ワットパッドの買を決意したと表した。ネイバは約6億ドルでワットパッドの株式全100%を買することとなり、今回の買でネイバはウェブトゥンと、ウェブ小の分野でそれぞれ世界1位のプラットフォムを保有することになったとえた。


[出典 : ルドワイドウェブトゥ http://wwwebtoon.com/ ]

ページを報告する

コピーしました

コピーしました